事例紹介 マーケティングリサーチ 市場調査 分析 設計 集計

株式会社マーケティングアンドアソシェイツでは、リサーチだけでなく調査のやり方や既存のデータの集計・分析はもちろん、グラフ作成や調査票作成のみなど、 マーケティング・リサーチに関するあらゆるご要望にお応えいたします。調査企画・設計から実査、集計・分析といった調査関連業務を、 マーケティングリサーチの専門家がフルサポートいたします。まずはお気軽にご相談下さい。


課題や仮説はあるんだけど、どんな調査をすれば…

マーケティングリサーチ 何から着手するか

 

  • 誰に、いつ、どうやって聞いて良いのかわからない…
  • 何となくターゲットや聴取内容のイメージはあるが、どのような手法が適切か分からない…
  • 自分達が考えた調査プランが実施できるプランなのか分からない
  • 自分達が考えた調査プランを実施した場合に、どのくらいの費用が掛かるのか分からない…
  • 調査結果をどう読み解いて良いのか、アウトプットのイメージがわかない…

 

どのように調査手法を選ぶか?

多種多様な手法があり、それぞれの長所・短所を把握した上で、マーケティング課題に最も適したものを、日程、費用とのバランスを考慮して決定します。

定量調査

調査手法 予算 期間 特徴
街頭個人面接調査 ◎費用が安く、調査期間が短い。
▲調査ボリュームが制限される。
CLT
(街頭リクルート/事前リクルート)
中〜高 中〜長 ◎製品、広告など実物やテスト品を提示して評価可能。
◇街頭リクルートの場合は、事前リクルートより費用が安く、調査期間が短い。対象者希少の場合は、事前リクルートが有効。
郵送調査 ◇主に名簿を用いて行う。
▲費用合理化以外にメリットは少ない。
訪問個人面接調査 ◇定量調査の基本
▲費用が高く、調査期間が長い。
留め置き調査 ◇一定期間の行動記録がとれる。訪問面接調査と併用する場合も。
ホームユーステスト ◇実際の使用現場で使用してもらう。
◎第一印象だけでなく、定常的な評価がとれる。
電話調査 ◎選挙のときなど速報性が強み。
▲調査ボリュームがかなり制限される。
インターネット調査 ◎費用と調査期間に関しては非常に合理的。
◇近年増加傾向の調査手法。

定性検査

調査手法 特徴
パーソナルインタビュー ◎個人の深層心理にまで及んだ分析が可能。
▲一人一人面接するので効率は悪い。
グループインタビュー ◇最もオーソドックスな定性調査。
◎参加者の意見の交換から消費者の潜在的な意識を発見できる。
観察調査 ◎対象者の普段の生活や行動が観察できる。

調査は何から着手すればよいの?

マーケティング リサーチ 課題 ◆まず、お客さまの仮説や課題、聴取検討事項をお知らせ下さい。
◆また、調査結果から次にどのようなマーケティングのアクションを考えているのか、 調査自体はマーケティング活動全体のどのステップにあたるのか、 等をお知らせ頂くことでよりよいご提案ができます。
◆マーケティング課題に対する仮説を設定し、それに基づいて当社が調査企画を作成いたします。

マーケティングリサーチの流れ

調査の専門家である当社が、調査に関わる全てを準備いたします。(調査票作成、対象者のリクルート、会場・人員手配、集計準備 etc.)

調査の専門家である当社が、調査に関わる全てを準備いたします。(調査票作成、対象者のリクルート、会場・人員手配、集計準備 etc.)

集計・分析・報告書を作成

集計作業では、【データクリーニング】【アフターコード】【自由回答のまとめ】【基本集計】【質問間クロス 】etc.を行います。 分析・報告書作成は、お伺いした課題に照らし合わせて、各設問の聴取意図や選択肢同士の関連性などを考慮し、回答から読み取れる傾向を解釈いたします。
※ ご要望に合わせて、トータルサポートではなく、部分的なサポートを行うことも可能です。まずは、お気軽にご相談ください。

クロス集計 報告書イメージ


このカテゴリのトップへ